スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エレアコ用ピックアップ考察 その1
- 2009/11/18(Wed) -
今回はエレアコ用ピックアップとプリアンプについての考察です。

私自身20年以上試行錯誤を繰り返し無駄金をたくさん使ってきました(泣)。
その中で、いかに安価に生ギターのリアルな音をライン上に再現できるかという視点で
お勧めの機材を紹介したいと思います。

大前提としてアコギの音はラインを通した音より生音がいいに決まっています。

ですから最良なのは生ギターの前にマイクを立てて音をひろうことだと思います。
Led Zeppelinの『天国への階段』のイントロだって、
レコーディングの際にはエレアコの音をラインで録ったのではなく、
マイクを立てて生ギターの音を録ったはずです。
エレアコではなかなかあの空気感は再現できませんよね。

しかし、小さい音量で弾き語りでもやるならマイク録りも可能でしょうが、
大きな会場や大音量のバンドの中ではハウリングの問題で厳しいでしょう。

そこでピックアップとプリアンプを使わざるを得なくなるのです。

エレアコ用のピックアップには大きく分けて

   ピエゾPUと

   マグネットPUとがあります。


ピエゾPUは高音の再現性に優れていますが、強くピッキングすると音がつぶれやすく、ペキペキ、プリプリっとしたアタック音が出やすく、いわゆるピエゾ臭い音、オベーション臭い音になりやすい特徴があります。また空気感、箱鳴感の再現性にやや欠けます。

マグネットPUはエレキ用と同じ原理のピックアップなので、低音の再現性には優れますが、ダイナミックレンジが狭く倍音の再現性に欠け、1、2弦がどうしてもエレキっぽくなってしまいがちです。

ピエゾとマグネット以外にエレアコ用の小型コンデンサーマイクなどもあります。
コンデンサーマイクは空気感の再現性は抜群ですが、
ハウリングしやすく単体ではまず使い物になりません。

現状では、ピエゾとマグネットそれぞれの長所と短所を補ってやるように、

  1、ピエゾとマグ両方のピックアップを搭載する(デュアルピックアップ)
  
  2、ピエゾ、マグネット単体にコンデンサーマイクを足して空気感を補う

  3、複数のピエゾをボディーのいろんな場所につけて合成し立体感をだす
    (メーカー製の高級エレアコに多い)。

  という考えが主流になってきているようです。

要するに
1、ピエゾ+マグネット
2、ピエゾ+コンデンサーマイク
3、マグネット+コンデンサーマイク
4、ピエゾたくさん などのバリエーションですね。

<LR Baggs Dual sorce> おすすめその1
プロ使用率も高く定番の名機です。
これはアンダーサドルピエゾ+コンデンサーマイクをブレンドするタイプです。実売で4万円くらい。
04_LRBaggs_DualSource.jpg

<FISHMAN Rare Earth Blend> おすすめその2
Fishmanのレアアースシリーズはマグネット単体としても優秀ですが、
これは最上位モデルでマグネット+コンデンサーマイクをブレンドするタイプ。
グースネックの先にコンデンサーマイクがついています。
非常にナチュラルな出音ですが定価で6万円以上します。
rareearth.jpg

6万円も出すとちょっとしたエレアコが買えますね。
しかもいずれもバッテリー不要のパッシブ回路ゆえ、
それに見合った相応の外部プリアンプも必要になります。

では実売3万円以下で私のお勧めの後付けピックアップは、

<L.R.Baggs M-1 Active> おすすめその3
マグネットピックアップなのに箱鳴り感もある程度再現されています。
1弦、2弦のエレキ臭さもかなり改善されています。
よく聞くとマグネットの音なのですがバンドでアコギを聞かせたい場面などでは、
マグネットの輪郭がはっきりとした音の方が抜けがいいので、
コストパフォーマンスを考えると現在のところバンド系の人にはベストチョイスだと思います。
実売2万円くらい。
M1img01.jpg
ちなみにオアシスのノエルギャラガーも使用中です。
6910_2.jpg
 ↓ この動画、マグネットの音の特徴がよくでていると思います。




<Fishman NEO-D SOUNDHOLE PICKUP> おすすめその4
FishmanのシングルコイルのマグネットPUです。
実売8000円くらいでコストパフォーマンスは最高です。

マグネットPUもエレキと同様にシングルとハムバッキングがあり特徴もエレキのPUと同様です。
シングルは外来ノイズの影響を受けやすいですが1、2弦のエレキ臭さはハムよりましです。
反対にハムバッキングはノイズは少ないですがシングルよりもエレキ寄りの音になる傾向があります。
fishmanneod.jpg


<L.R.Baggs i BEAM passive> おすすめその5
これは、ブリッジの裏側に貼り付けるタイプのピエゾPUです。
トップ材の振動を直接拾うので倍音の再現性に優れ生鳴り感があり
弾き語り系の人にはベストチョイスだと思います。
トップ材の振動をもろに拾うのでバンドの大音量での使用には向かないようです。

ibeam1.jpg

まだまだ続く
この記事のURL | エレアコ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<エレアコ用プリアンプの考察 その1 | メイン | Marshall JH1 JackHammer レビュー>>
コメント
-これは…-
Dr.6 様
俺にも参考になるし興味のある分野だなぁ。読んでてためになるし面白い。この内容だとギターメーカー別もともと付いてるシリーズの考察もあるのだろうか?楽しみ。
2009/11/18 11:58  | URL | ひげ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ひげ様
コメントありがとうございます。
まだまだ続きます。
2009/11/19 01:10  | URL | Dr6 #-[ 編集] |  ▲ top

-面白いです。-
コメント書き放題ですみません(汗)

私は費用を安く抑えたかったのと
ギター本体を加工したくありませんでしたので
「おすすめその2」のタイプだったのですが、満足できず・・・。
kazmin'.comの石田さんから色々アドバイス頂いて
「おすすめその1」のタイプにしました。
費用も掛かりましたが結果満足しております(^_^)

ライブだと、どうしてもピックアップは必要になりますよね(^_^;)
私もマイク派です。
2009/11/19 20:42  | URL | イチムラー #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-あっ(汗)-
興奮して書いた為、間違えて書いてしまいました(汗)
「おすすめその2」ではなく、マグネットのピックアップ単体のみの事でした(汗汗)
2009/11/19 21:27  | URL | イチムラー #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-いらっしゃいませ!-
イチムラー様
いらっしゃいませ!

コメントありがとうございます。
バンドのメンバーからはマニアックすぎてわからん!
と言われて寂しい思いをしております。

話が通じる人が現れてうれしいかぎりでございます。

じゃんじゃんコメントしてやって下さいませ!
2009/11/20 16:01  | URL | Dr6 #-[ 編集] |  ▲ top

-M1Active使用しています-
音質には全く問題は感じないのですが、私の弾き方だとピックアップにピックや爪が当たってカチカチ鳴ってしまうんです。エレキギターだとそんな問題を感じたことはないんですが、やはりM1ピックアップはそれだけ振動を拾うということなんでしょう。iBeamに交換しようかと模索中です。
2013/01/20 14:24  | URL | Terra #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://g6clinic.blog71.fc2.com/tb.php/10-5f2a4095
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。