スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
DANELECTRO COOL CAT FUZZ V2
- 2010/03/30(Tue) -
ダンエレクトロのCOOL CAT FUZZ CF-2です。
IMG_6855.jpg
IMG_6857.jpg


ダンエレクトロのエフェクターといえば
FABシリーズ、MINIシリーズなど5千円以下の格安エフェクターで有名です。
チープですがそこそこ使えて好きなブランドです。

その中でもCOOL CAT シリーズはメタルボディ、トゥルーバイパスを採用した比較的新しいモデルです。

Tone設定はBass、Trebleが別々にあります。
Toneをいっぱいまで上げるとかなり歪み、サスティーンも増します。
Toneコントロールはブースター的な使い方をするんですね。

内部トリマーとDIPスイッチが3つありさらに細かく設定可能です。
IMG_6858.jpg

初期設定は内部トリマー最小、DIPすべてOffでした。
初期設定のままでは歪みません。
IMG_6860.jpg
FUZZ FACEとかBIG MUFFとはかなりイメージが違って
粗いオーバードライブという感じでしょうか。
音圧があって使えるペダルです。
このペダルも\5000以下でコストパフォーマンスは最高です。




スポンサーサイト
この記事のURL | effect | CM(2) | TB(0) | ▲ top
BOSS DD-20 Giga Delay レビュー
- 2010/02/13(Sat) -
IMG_6597.jpg
IMG_6602.jpg

BOSSのデジタルディレイDD-20です。

ツインペダルシリーズはコンパクトエフェクトと比べるとかなり大きめです。

実売2万円くらい。

ディレイタイムは1msec~23secです。

でも実際に23秒の超ロングディレイが必要なシチュエーションってあるのでしょうか?



IMG_6601.jpg

通常のデジタルディレイ以外にも多彩なMODEが搭載されています。

 STANDARD(スタンダード) 通常のデジタルディレイ

 ANALOG(アナログ) 伝説の名機 BOSS DM-2のモデリング

 TAPE(テープエコー) 伝説の名機 Roland RE-201のモデリング。磁気ヘッドの数も1個または2個が選べます。

 DUAL(デュアル) ショートディレイとロングディレイの組み合わせ

 PAN(パン) 音を左右に飛ばすパンニングディレイ

 SMOOTH(スムース) リバーブ+ディレイといった感じ

 MODULATE(モデュレーション) ディレイ音にコーラスのような揺らぎがかかった独特のディレイ。DEPTH、RATEの設定が可能です。



 他にも

 SOS(サウンドオンサウンド) 23秒までのフレーズを多重録音。BOSS DD-6のHOLDと同じ機能。

 TWIST(ツイスト)  回転するような感じ

 WARP(ワープ) 宇宙空間にワープするような宇宙的サウンド

 REVERSE(リバース) 逆回転風

など多彩なMODEを持ち
一昔前のラックディレイにも劣らない高機能なデジタルディレイです。

もちろんTAPテンポによる入力や4種類までのセッティングのメモリー機能もあり
価格を考えると必要にして十分です。

またTONEコントロールがいい帯域で効いてくれます。

BOSS DM-2をモデリングしたというANALOG MODEでも実際のDM-2と比べると
Hiカットしたデジタルディレイといった感じの音なのでデジタル臭さは残りますが、
これはこれで十分使える音だと思います。

デジタル特有の音痩せも私は全く気になりません。

入出力が+4dbに対応しているのでアンプのセンドリターンでも使えます。またWET音だけの出力も可能です。



この記事のURL | effect | CM(2) | TB(0) | ▲ top
MAXON VOP9 レビュー
- 2009/12/04(Fri) -
MAXON VOP9は2007年に新9シリーズとして発売されたオーバードライブペダルです。
IMG_6511.jpg


IMG_6515.jpg

Stevie Ray Vaughanの使用で今や伝説となったTS9=Tube Screamer系のペダルですが、
これは単なるリイシュー品ではなく4PDTメカニカル・スイッチのトゥルーバイパス、18V昇圧回路の採用、
そしてMADE IN JAPANにこだわった新設計のペダルです。
定価\23,100です。

ちなみにRay Vaughanが当時使用したのはIbanez TS-808とIbanez TS-9ですが、
年代によって多少違いはありますが基本的に中身はそれぞれMaxon OD-808、OD-9と同じです。

どちらも日伸音波製作所で生産され、

           Ibanez  輸出用
           MAXON 国内用 
                         ということです。

余談ですが常日頃疑問に思っていることですが、
 国内用はオーバードライブ(OD)なのに海外用はなぜチューブスクリーマー(TS)なのでしょうか?
 Ibanezは昔は『イバニーズ』と言っていましたがいつの頃から『アイバニーズ』と言う様になったのでしょうかね?



TS9はモディファイ物がたくさんでていますね。
たぶん一番モディファイされているペダルではないでしょうか?
ts9.jpg
そしてモディファイ物で多い改造は、
トゥルーバイパス化とオペアンプを当時の物に変更することですね。

当時使われていたオペアンプはJRC4558Dというものですが、
同じJRC4558Dでもつやありとつやなしがあって『艶有りJRC4558D』は音抜けが違うと特にありがたがられています。
JRC4558Dは、当時は安物のラジカセにも使われていたようですが今は生産されていないため
リサイクルショップで昔のラジカセを探して自分で取るか、デッドストックをネットで買うかしかありません。
4558.jpg

ちなみにVOP9に使用されているオペアンプはNJM4558Dです。
基本的にはJRC4558Dと同じ設計です。
JRC(日本無線)→社名変更してNJM(新日本無線)になっただけ。
ただし現在は生産は東南アジアのようです。

モディファイ物に市場を荒らされているためか本家Ibanezからも
トゥルーバイパス、ポイントtoポイント配線ハンドワイヤリングのTS-808の高級仕様がでました。
ハンドメイドの限定品で月産数個。
オペアンプは『艶なしJRC4558D』が使われているようです。
価格もそれなりで定価\54,600(税込)です。
ts808hw.jpg


VOP9ですがスコヘンもメインペダルとして使用中(最近またSD9に戻った?)で
ビンテージ物やモディファイ物と比べても比較にならないほどいい』と絶賛しています。
ドライブ最小にするとクリーンブースターとしても使えます。


Stevie Ray Vaughan
この記事のURL | effect | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Marshall JH1 JackHammer レビュー
- 2009/11/15(Sun) -
Marshallのドライブペダル JH1 JackHammerです。
jh1.jpg

Marshallの現行機種のドライブペダルには
他にGV2 Gov`nor plus、BB2 Bluesbreaker2などがありますが
いずれも名機Gov`nor、ShredMasterから派生した後継機種なのでしょう。

ふつうのアンプをMarshall JCM800に変えるという目的においては
JH1は実売で\6000以下ですからコストパフォーマンスは最高です。
Roland JC120で太いマーシャルの音がします。
最近のマルチのマーシャルのシュミレートなんかよりはるかにいいです。

でもJH1って使っている人少ないですよね。
このペダルの世間の評価、知名度は不当に低いと思います。
Gov`norが出た当時はMarshallの音が出るともてはやされたんですが‥。

JH1にはO/D(JCM800)とDIST(JCM2000)の2つのMODEがあります。
DIST MODEは音がこもってダメだと言っている人が多いようですが、
私もDIST MODEは使ません。

CONTOURとFREQで幅広くイコライジング可能です。

お気に入りのセッティングは
O/D MODE、GAIN 1時,VOL 12時,BASS 9時, TREBLE 1時 FREQ 11時 CONTOUR 10時 です。







この記事のURL | effect | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Keeley Compressor 4knobレビュ-
- 2009/11/06(Fri) -
IMG_6438.jpg

ペダル型コンプの最高峰Keeley Compressorです。
2knob、3knob、4knobといろいろなタイプがありますが私が持っているのは4knobタイプです。
値段も最高峰で日本では4knobタイプは定価で5万円以上します。
私はペダルコンプに5万円も出したくなかったので個人輸入しました。
税関で\600関税をとられましたが2万円ちょっとで買えました。
IMG_6439.jpg

元々は伝説の名機ROSSコンプのクローンなので2knobですが、
rosscomp.jpg

4knobはAttackとClippingノブが追加されています。
Attackは右へまわすとAttackが遅くなり、左へまわすと早くなります。
Clippingは右に回しきると2knobと同じで、アクティブピックアップやベースに使う場合は音が割れないところまで左にまわしていきます。

音はDynacompと比べてナチュラルでノイズは皆無といっていいほどありません。
ノイズがないことによほど自信があるのかKeeleyの取説ではオーバードライブペダルの後につなぐことを勧めています。
もちろんDynacompのようなパコパコした音も作れます。
そしてトゥルーバイパスです。

クオリィティーが高いのでかけっぱなしでラックコンプみたいな感覚で使うのが合っているようです。

<ProGuitarShop.comのレビュー>
この記事のURL | effect | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Proco RAT Ⅱレビュー
- 2009/11/05(Thu) -
rat2.jpg
定番のProco RAT Ⅱです。
今ではMarshall Guv'norと並んで名機とされていますね。

私が持っているのは10年ほど前に買った現行機種です。
80年代に持っていたものは紛失してしまいました。
80年代のものはビンテージ扱いで結構いい値がついていますね。

一般的に言われているように太いハイゲインな音がします。
流行のモダンハイゲインアンプで作られるドンシャリな歪みというよりはコンプレッション感のある中域が効いた歪みです。
またDISTORTIONつまみを12時以上に回すとかなりFAZZっぽい感じ(BIG MAFFとはまた違う)になりますね。
今ではMarshall JVMを持っているのでハイゲインサウンドはアンプで作れるのでほとんど出番がなくなりました。

DISTORTION8時方向、FILTER3時方向にするとかなりつかえるクランチ音になります。
Filteつまみは時計周りにすると音がこもる方向に行くのでBOSSとは逆ですね。
そしてトゥルーバイパスです。
モディファイ物がいろいろ出ているようですね。

<Girewire.comのレビュー>
この記事のURL | effect | CM(0) | TB(0) | ▲ top
LOVEPEDAL COT 50 レビュー
- 2009/11/03(Tue) -
マイケルランドウやスコヘンも使っているというLOVEPEDALのCOT50です。
cot50.jpg
どんなアンプにつないでも6550パワー管を用いた60年代のビンテージマーシャルの
いわゆるプレキシサウンドを再現するというコンセプトのペダルです。

bias調整用のつまみがあるだけです。
これはゲインという訳ではなく、
触ってみて一番心地よいポイントを探せというつまみです。
あくまでクランチサウンドを作るためのペダルでこれ単体では全然歪みません。

COT50には色々なtypeがあるのですが、
私が持っているのはランドウと同じ初期型のHand Wired typeで、
DCinはないので電池駆動のみです。

中も至ってシンプル。
で自作している人も結構いるみたいですね。
cot50in.jpg

Roland JCにつないでも確かにプレキシの音がします。
コンボタイプの小さなチューブアンプにつなぐとまさに60年代の音がしますね。

どちらかというとシングルコイルと相性がいいようです。
ギターのボリュームを少し絞るとクリーントーン、フルに上げると上品なクランチトーン。

使い方としてはon offするのではなく他のペダルと併用して
かけっぱなしのフィルター的に使うのが一番いいようです。

<サウンドサンプル>


<ProGuitarShop.comのレビュー>
この記事のURL | effect | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TC Elecronic G MAJOR 2 レビューその2
- 2009/11/02(Mon) -
さてG MAJOR 2ですが、
TCのHP上には


『G-Major 2 - リファインされた、定番ラック・マルチFX
プロフェッショナルからアマチュアまで、幅広いギタリスト層に圧倒的な支持を得てきたラックマルチFXの超定番 – G-Major。その価格からは想像できないサウンド・クオリティーの高さと豊富な機能群が、長年に渡り、ギタリストたちを魅了してきました。
G-Majorのクオリティーと機能を、今日のミュージシャンの要求に応えるべくリファインした、次なる定番ラックマルチFXが、「G-Major 2」です。
G-Major 2は、Novaシリーズで新たに開発された「Tri-Chorus」「Through-Zero Flanger」をはじめ、G-Major 2にのみ搭載される「Univibe」エフェクト、Reverse Delay、Intelligent Pitch Shifting、Modulated Delayなど、合計10種類の新エフェクト・アルゴリズムが追加されました。またリバーブは今日の音楽スタイルにマッチすべくリファインされ、フィルター/ワウのエフェクト・ブロックもG-SYSTEMから1:1移植されています。
G-Major 2は、従来のデュアル・エンコーダーを一つのホイールに集約し、操作性がよりシンプルに行えるよう改善されております。またPC/Mac対応のソフトウェア・エディターが付属され、柔軟なエフェクト・エディット/プリセット管理が行えるようになります。

主な特徴:
・Univibe
・Tri-Chorus
・Through-Zero Flanger
・リチューンされたリバーブ群
・G-SYSTEMから1:1移植されたフィルター/ワウFXブロック
・Reverse Delay
・Intelligent Pitch Shift
・Modulated Delay
・PC/Mac用ソフトウェア・エディター付属』

と紹介されているだけで、
ファクトリープリセットとユーザープリセットに関しては全く情報がありません。
実機で確認しましたが
FACTORY PRESET100+USER PRESET100 です。

FACTORY PRESETですが、
1 Tri chorus + Delay
2 Naked Lunch
3 Flange Force 5
4 Mr. Uni-reverse
5 Chorus Echo
6 Pedal filter + Delay
7 Octaver + Dual delay
8 Morning Glory
9 Pedal Blend 1 wah
10 Flange Olet
11 Whammy -Reverse
12 Rotary Club
13 Dreamweaver
14 Modulated Echoplex
15 TriChorus +
16 Vib:ulator (P)
17 Reverse Vibe
18 Spring Thing
19 Danish Dynamite
20 Reversible
21 Phased Rewind
22 Dual Delay 1/4 + 1/8d
23 Classic Chorus + Delay
24 Filtered Repeats (P)
25 Pedal Wah Wha (P)
26 World of Whacraft (P)
27 Beauty and the Beef
28 Acousticous
29 Vintage Univibe (P)
30 Univibe + Reverse (P)
31 Rockabilly Slap
32 Leslie
33 Tremovibe
34 Unisex
35 Verb'n Vibe
36 Comp + Room
37 Comp + Chorus (P)
38 Mixlydia C (+3/+6)
39 DimHalf E (+3/-3)
40 PhrMajor B (+3/-4)
41 Ionian C (+6/+10)
42 MixLydia A (+5/+9)
43 Ionian C (+3/-4)
44 Phrygian C (-5/+6)
45 Dorian C (3rd+4th) (P)
46 Vibraphonic
47 Vibrant
48 Tremolator
49 TriChorus + Tremolo
50 Flanged Delay 1/8
51 Skywalker
52 Phasing Echos
53 RetroFreqTive (P)
54 Phaser + AutoWah (P)
55 Panner
56 Phasus (P)
57 Octaphaze + Verb (P)
58 De-Tuna
59 Hall Of Mirrors
60 Touch Wah + Delay
61 Touch Res + Delay
62 Wuthering Hights (P)
63 Ping Pong Tremolux
64 G Major 2 Verb + Slap
65 Mutron Phaze Echo (P)
66 Eclectic Mistress (P)
67 Pedal Phaser (P)
68 Metallic Flanger (P)
69 .therefore I Am-bient
70 Octaphase + Room (P)
71 Octaver + Room (P)
72 Square Room 1.2 s
73 Curved Room 1.4.s
74 Bright Plate 2.0 s
75 Goonies Cave
76 Wonder Hall 2.1 s
77 Ethereal Echo (P)
78 Phazed Delay 1/8d
79 Stereo Mod Delay..
80 Wisdom 2 the Wise (P)
81 Spining Horns (P)
82 Univibe + Plate (P)
83 Moonwalker (P)
84 Clone Wars (P)
85 Good Vibrations (P)
86 Hawaian Punch (P)
87 Ultraviolet (P)
88 Pedalphaser +Dly(P)
89 Detuned Mod Delay (P)
90 Rhytmic Flanger (P)
91 Lush Chorus (P)
92 AutoWah + Comp
93 Shake'n Bake (P)
94 Tender Vibrato (P)
95 Triller + AutoWah (P)
96 Compressor + Spring
97 Supernova (P)
98 Flanger + Delay 1/8d
99 Glitch Blender (P)
100 ByPass + Noise Gate

以上で全部です。
 Factory Presetがさすがよくできているので少しいじれば大抵の欲しい音は出せませね。

この記事のURL | effect | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TC Electronic G MAJOR 2 レビューその1
- 2009/11/01(Sun) -
最近入手したTC Electronic G MAJOR 2(下)です。
(ラック上は廉価版のG Sharp)
G Forceと同じく空間系のみに特化したラックエフェクトです。

gmajor2.jpg


そう今さらラックエフェクターです。

あまり売れていないのでしょうか?
検索してもレビューはほとんどヒットしません。

80年代はアマチュアもラック全盛で憧れたものでしたが
今はペダルエフェクトが主流ですね。
ごちゃごちゃと余計なものをたくさんつなぐよりもシンプルにアンプ直が潔くて男らしい?
というイメージがありますよね。

尊敬するギタリストの渡辺格さんも、
そしてニールショーンもTC Electronicの名機G Forceを使っているので
TCのラックは気にはなっていましたが高価すぎて手がでませんでした。
G-Force-large.jpg
G Forceは発売から10年も経っています。
G Forceの廉価版とはいえG MAJOR 2昨年末に出たばかりなので性能は期待できますね。

値段が全然違いますけどね。

         発売当時G Force   ¥20万円くらい。
         現在実売G MAJOR 2 ¥7万円くらい。


取説が簡単なものしかないのであれこれ触って確かめていくしかありません。

まず悩んだのはMarshall JVM410Hのセンドリターンに入れるのに
パラレル接続にするかシリアル接続にするか?

<パラレル接続>
parallel.jpg

<シリアル接続>
Serial.jpg


実際手に取るまでは迷う余地なくG MAJOR 2からはWet音だけだして
パラレル接続でと思っていたのですが、

取説に
1、A/D D/Aコンバータは高品位だからシリアルで音質の劣化は心配ない。
2、シリアルでないとコンプとかトレモロとかノイズゲートとかボリュームを変えるエフェクトを100%使えない。

シリアルを強く勧めると書いてあります。

うーん?

G Forceを使っているプロの方はパラレル接続で
CAJなどのラインミキサーを使ってDryとWetを分けているのがほとんどですよね。
    ↓ こんな感じに
pack-all.jpg
dry音はアナログのまま保持しないと
デジタル機器を通ってA/D D/A変換を受けると必ず音痩せしてしまうからです。
しかし、G MAJOR2取説には音痩せは心配するなと言っています。

どうしよう?

今度 格さんに会った時直接聞いてみようかなあ?

試したところ、私の耳にはシリアル接続でも問題ありませんでした。
とりあえずシリアル接続でいってみよう。

この記事のURL | effect | CM(7) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。